海外旅行保険の補償項目|ファイナンシャルプランナーと海外旅行保険の知識を深めよう

入っておきたい海外旅行保険

海外旅行保険は海外旅行に行く方ならば誰でも加入しておいて損はありません。万が一の時のために海外旅行保険についての知識を深めましょう。

海外旅行保険に入っておきたい人

no.1

旅行初心者の方

海外旅行保険に一番入っておいた方が良いであろう旅行者のタイプは、旅行初心者の方です。旅行初心者は、慣れない旅行先で、さらに日本語が通じないためトラブルに遭遇しやすくなります。また、つい不注意になってしまうこともよくあるため万が一のために海外旅行保険は入っておくべきです。

no.2

危険地域に行く方

次に海外旅行保険に入っておいた方が良いタイプは危険地域に行く方です。国によってはとても治安が悪いところがあります。特に旅行先で夜遊びをする予定のある方は要注意です。トラブルにあったときのために海外旅行保険は入っておきましょう。

no.3

スポーツをする予定のある方

3番目に海外旅行保険に入っておきたいタイプはスポーツをする予定のある方です。スポーツやアクティビティは当たり前ですがケガをする可能性が高くなります。ケガをしたときの治療費などを補償するためにも海外旅行保険は必須です。

no.4

滞在日数が長い方

滞在日数が長い方も海外旅行保険に入っておきましょう。滞在日数が長ければ長いほどトラブルに遭う可能性は高くなります。1週間以上いるのであれば海外旅行保険は必要不可欠といっても良いでしょう。

no.5

車をレンタルする方

旅行先で車を運転される方は事故に遭う可能性が格段に高くなります。ここでの注意点は、海外旅行保険の中には車を運転した際のトラブルは補償してくれない場合もあるのであらかじめチェックしておいて車でのトラブルも補償してくれる保険を選びましょう。

海外旅行保険の補償項目

パスポート

賠償責任

海外旅行保険で確認しておきたい補償内容の1つが賠償責任です。賠償責任とは例えば不注意でホテルの備品を壊したり他人にケガをさせてしまった場合などにその請求された金額を補償してくれるサービスです。旅行中は慣れない土地で活発に行動するため賠償責任が充実した保険を選ぶと安心できます。

携行品損害

海外旅行では、カメラやお気に入りの服など無くしたくないものをいくつも持っていきます。これらの持ち物が壊れたり盗まれたりした場合に補償してくれる項目が携行品損害です。高価なものを紛失しやすい旅行だからこそ携行品損害の項目は確認しておきましょう。

航空機遅延

この航空機遅延は海外旅行保険の特徴的な補償内容です。例えば出発地で10時に出発するはずだった飛行機がなんらかの理由で8時間後の18時に出発することになったり、結局欠便になった場合にその時にかかった食事代や通信代金を補償してくれるサービスです。海外旅行では特にこういった航空機遅延が多いので入っておくと役に立つかもしれません。

治療費用

海外旅行では初めての土地、初めての食べ物、初めての気候で発熱したり病気にかかりやすくなったりします。そのときに病院で治療を受けた際にかかった費用を補償してくれる項目がこの治療費用です。保険によって治療費用は大きく変わるので選ぶ際は慎重に確認するようにしましょう。

広告募集中